美容・コスメ

アクアレイナのゲルは軽くて

しっかりとお手入れtetetoteteしたいけど、アレコレ塗り重ねるのはメンドクサイたらーんと思うこともあって、


そんな時に便利だな~と思うのがオールインワンゲルなのですがハート



ベビースキンケアの和光堂とアサヒビール、アサヒフード&ヘルスケアが


共同開発したという、こちらを使ってみましたラブウキウキ

アクアレイナを使ってみると、表面だけでなくて、確かに浸透していると実感できました。 浸透力抜群の【S-100】は、ヒアルロン酸とコラーゲンを肌の奥まで届けてくれて、内側から潤してくれます。 触った感触で、しっかり潤っていると実感できましたし、しかもべたつかないのもいいですね。 決め手は何と言っても化粧水、乳液、美容液がひとつになったジェルクリーム。 アクアレイナ1本で肌のケアができるのがうれしいです。 すっかりアクアレイナの虜になってしまいました。

|

カミソリ脱毛はお手軽だけど負担が大きい

世の中にはたくさんの情報があふれています。
きれいになりたいと願う女性は、美しさをキープするための情報に耳を傾け、できることから実践しようと努力をしています。
しかし世の中の情報には必ずしも正しくはなかったり、話題作りのために大げさに伝えられているものも数多くあります。
せっかく自分のためにお金や時間を使うのであれば、正しい情報に基づいて使いたいですね。

さて、ムダ毛の処理にかみそりを使うと皮膚がヒリヒリ痛むという人もいるかと思いますが、脱毛にかみそりを使うことは良くないのでしょうか。
確かに、かみそりの刃で皮膚表面をなでていくわけですから、間違った使い方をすると肌を傷めてしまいます。
しかしかみそりでの処理は手軽に短時間でできますし、経済的です。
たっぷりの泡や、シェービングフォームなどで肌表面の滑りをスムーズにし、そっとやさしく剃ることで肌への負担は大分抑えられます。
また処理後は保湿を忘れずに行なってください。

ムダ毛処理にはかみそりの他、毛抜きや脱毛クリーム、脱色、レーザー脱毛などがあります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、脱毛したい部位によって使い分けてもよいでしょう。
腕や脚はかみそりで剃る人が半数を占め、続いて脱毛クリームを使う人が多いようです。
脱毛クリームは処理後の肌はつるつるで、かみそりに比べ肌への負担が軽いのですが、経済的なことを考えるとやはり面積の広い部分には手軽なかみそりを使う人が多くなるのでしょう。
わきについては、かみそり派、毛抜き派、レーザー脱毛派に分かれています。
わきの下の皮膚は薄くて弱いため、かみそりでは負担が大きいでしょう。
肌への負担を考えると脱毛クリームもおすすめですが、効果が長持ちしない(すぐ生えてくる)ため、費用はかかりますがレーザー脱毛が得策かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムダ毛自己処理の方法

春から夏にかけては、肌の露出度がアップする季節です。
・・・と共に、女性のムダ毛の悩みも出てくる季節でもあります。

モデルさんのつるつるした腕や脚、とってもうらやましいですね。
モデルさんや女優さんでは永久脱毛をしている人がほとんどかもしれませんが、一般的な女性が自宅でムダ毛処理をする際はどんな方法で行なっているのでしょう。
ある雑誌のアンケート調査の結果によると、もっとも多いのが「かみそり」でおよそ6割強、そして「毛抜き」「電気シェーバー」「脱毛クリーム」と続き、極少数の人が「自宅では処理していない」となっています。

ムダ毛とは呼ばれても、本来は人間のからだにとって必要だから生えてくるものです。
それを取り去ろうというのですから、当然肌には負担がかかってきます。
一番危険と考えられるのが、毛抜きで抜く方法です。
毛を引っ張って抜くことで、毛根の奥が傷ついてしまうのです。
それよりは、かみそりで剃った方が肌への負担は少なくなりますが、やはり少なからず皮膚も削ってしまうので肌への刺激になるでしょう。
かみそりで剃る際は、毛の流れに逆らって剃る「逆剃り」は肌への負担が大変大きいので、必ず毛の流れに沿って剃るようにしてください。
意外と肌への刺激がマイルドなのが、脱毛クリームです。
脱毛クリームはアルカリ性のクリームで毛を溶かす仕組みになっていて、毛根や肌を傷つけないのです。
しかし、いくら肌への負担が少ないとはいえ、乾燥肌の人やかぶれやすい人は注意が必要です。
必ずパッチテストをしてから脱毛を行なってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

美容・コスメ